神奈川県厚木市の屋根外壁塗装工事

お問い合わせのきっかけ

H様邸は、築約20年でスレート屋根とサイディング外壁のお家です。お隣様で工事をしているご縁で診断依頼をいただきました。
診断では、屋根に塗膜の剥離や苔が目立っている状態で、補修作業を含めたメンテナンスをご提案いたしました。また、外壁部にもひび割れがありましたのでそちらも補修のご提案をさせていただきました。屋根外壁どちらも、耐久性に優れている塗料を使用しております。

工事内容

屋根塗装・外壁塗装

工事詳細

地域
神奈川県厚木市
築年数
20年
階数
2階建て
使用材料
屋根塗装
  • アステックペイント
  • スーパーシャネツサーモF
  • エバーグリーン 9112
外壁塗装
  • アステックペイント
  • 超低汚染プラチナリファイン2000MF
  • フレンチグリーン 8105

屋根塗装詳細

施工前
施工後

屋根塗装詳細

  • 施工前
  • 施工後

屋根塗装の診断結果詳細

H様の屋根の診断をご説明いたします。 1枚目は経年劣化により表面の素地が剥離している状態です。2枚目は経年劣化により、板金に透けができてきてしまっている状態です。3枚目は寒暖の繰り返しにより、釘・板金が膨張・伸縮を繰り返して、釘浮きが発生している状態です。4枚目は瓦の塗膜防水が低下しており、湿気が滞留しやすい状態になっている為、苔・カビが多く発生してしまっている状態です。

屋根塗装工事

屋根も外壁同様にまず高圧洗浄を行い、屋根についている汚れ(苔や錆など)を落とします。 次に、抜けかけていた釘をビスに打ち替えます。スクリュービスを使用しますので、抜けにくくなります。 屋根には、タスペーサーを設置します。こうすることで屋根と屋根のとの間に隙間が確保されます。塗装に入ると、棟板金のケレン・錆止めを行い、屋根の下塗り・中塗り・上塗りを行なって完了です。今回は太陽光パネル部分は除いて塗装を行いました。

外壁塗装詳細

施工前
施工後

外壁塗装詳細

  • 施工前
  • 施工後

シーリング補修

初めに、一度高圧洗浄できれいに洗浄をしてから、古いシーリングの除去と清掃作業を行います。 そして、 古いシーリングを撤去した部分の下地処理をしてからプライマーを塗布して(プライマーはシーリング材を外壁としっかり密着させる接着剤の役割です。)シーリング材を打っていきます。最後にヘラ抑えで外壁と密着するようにしたら完成になります。

下地補修

診断時にクラックが起きていた部分を補修します。 補修で劣化時にできた凹凸を無くさないと、塗装をした際に凹凸が目立ち、見栄えが良く無くなってしまいます。

外壁塗装

外壁は3回塗り(下塗り・中塗り・上塗り)で仕上げます。中塗りと上塗りの塗料は基本的に同じです。 軒天井は上塗り2回で仕上げました。

付帯部塗装

付帯部塗装は、まずケレンで付帯の金属にわざと傷をつけます。ケレンで小さな凹凸の傷をつけることで、塗料が付帯部に密着します。 その後、錆止めを塗布してから、中塗り・上塗りで仕上げます。こちらも外壁と同じで、中塗りと上塗りの塗料は同じです。

屋根塗装・外壁塗装の施工が完了いたしました

ヤネカベより一言

この度はご自宅の外装リフォーム工事をお任せ頂き誠にありがとうございます。診断時より多数見られました屋根の劣化や、外壁のひび割れも、補修と塗装でとても綺麗になりました。H様にもご満足いただき、担当として嬉しく思います。高耐久の塗料を使用しておりますので、長期間安心して暮らしていただけるかと思いますので、これからも末長いお付き合いをよろしくお願いいたします。

ヤネカベ海老名店

TEL 046-204-4233 株式会社プロタイムズ総合研究所 〒243-0432
神奈川県海老名市中央3丁目3-14 静岡不動産海老名ビル4F
店舗詳細はこちら

この事例と共通する工事内容の施工事例

この事例と共通する地域の施工事例

お問い合わせ

ページトップに戻る