いえかるての重要性

ヤネカベでは「いえかるて」の発行を推奨しています。
家を所有している方であれば、作っておいて損はありません。
リフォームする機会に登録することをおすすめします。

「いえかるて」とは

国が推奨する
住宅履歴情報集積システムです。
診断内容リフォーム施工履歴

住まいに関わる「住宅履歴」の「情報」をWEB上でお預かりし、事業者様と住宅所有者様等を対象に
住まいの維持管理をサポートする、国が推奨する仕組みです。
現在「いえかるて」の登録がない住宅は、登録をすることで住宅の価値を保つことができます。

「いえかるて」に登録しておくと、住宅に不具合が起きた際に登録されている情報をもとに
原因の特定・問題解決を迅速に行うことができます。
また、登録された情報は半永久的に残りますので、売却時にも履歴の情報が揃っていれば、
有利に売却することができます。

「いえかるて」に保存される内容

  1. 診断書
    診断日や、屋根・外壁の現状を記録します。劣化箇所を記録しておくことで、
    次回のメンテナンス時の参考にすることができます。
  2. 外装リフォーム専用CAD図面
    外壁・屋根など外装リフォームに関わる施工面積を正しく算出し、記録します。
    外装メンテナンスの時に確認すれば、何度も算出する必要がありません。
  3. お見積もり書
    塗料のメーカー名、缶数、金額などが確認できます。
    これにより、2回目以降でも前回使用した塗料をすぐに確認することができます。
  4. 契約書
    いつ・どのように施工を行なったのかを記録します。
    これにより、次回施工をする際に参考にすることができます。
  5. 保証書
    行なった施工についての保証書も登録します。
    保証内容・保証期間等をいつでも確認できます。
  6. 施工写真
    施工を撮影した写真を登録します。
    これにより、どのような施工が行われたのかわかります。

リフォームした履歴が、家に紐づいて国が推奨するシステムに
半永久的に電子データとして保存されますので、劣化や紛失の心配がありません。

「いえかるて」発行実績
トップクラス

ヤネカベは、外装リフォーム会社として
”最も多く”「いえかるて」を発行しています。

国土交通省が推奨している住宅履歴情報は、一般社団法人住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会において
「いえかるて」の名称で広められています。
「いえかるて」を発行できる企業の大部分は、新築をメインにしている企業でリフォーム会社は少なく、
外装リフォーム会社となると殆どいないのが現状です。
そういった中で塗装・リフォームにおいてヤネカベの「いえかるて」発行数は最も多くなっております。
また、自社の施工に関して履歴情報を残しておくことで、お客様に安心していただける。
そう考えているからこそ、「いえかるて」住宅履歴情報の登録と発行を推奨しています。

今後リフォームをされるのであれば、その際には是非「いえかるて」の登録を同時にしてください。
登録申請できる企業は限られており、有償にはなりますが、発行を行うことで
住宅の資産価値を上げることができます。
ヤネカベではご契約される方には「いえかるて」への登録をおすすめしております。

ご不明点・ご質問は
下記までお気軽にお電話ください

担当地域のスタッフが対応いたします

発信者番号を表示する
お問い合わせ

ページトップに戻る