屋根・外壁のプロ ヤネカベ

電話でのお問い合わせはこちらから

発信者番号を表示する

鎌倉市の屋根塗装(遮熱塗料)・外壁塗装

お問い合わせのきっかけ


I様のお宅は築20年弱で一度もメンテナンスをされていないお宅でした。屋根はスレート瓦、壁はモルタルリシン。経年劣化が進んでおり屋根は苔や藻が散見でき、外壁はクラックなどが多く見受けられました。
屋根も外壁も塗装でのメンテナンスを行うことになりました。屋根は遮熱塗料での塗装。外壁は水性系の2液型の塗料で塗装を行いました。

工事内容

屋根塗装・外壁塗装

工事詳細

地域
神奈川県鎌倉市
使用材料
屋根塗装
  • アステックペイント
  • スーパーシャネツサーモF
  • マホガニー 9115
外壁塗装
  • ジオテクト
  • グラレボ
  • アッシュホワイト G1405

屋根塗装の診断結果詳細

スレート瓦にスプレーで水をかけたところ、水が染み込み防水性が切れていることが確認できました。また、塗膜防水が低下している為、雨水や湿気の吸放出を繰り返したことで、瓦の変形・反りが発生、瓦の塗膜防水が低下している為、冬場など寒い時期に瓦に雨水が浸み込み、凍結・膨張し寒割れにて瓦にひび割れが発生しております。 そのほかにも、寒暖の繰り返しにより、釘・板金が膨張・伸縮を繰り返して、釘抜けが発生していたり、瓦の塗膜防水が低下により湿気が滞留しやすい状態になっている為、苔・藻が発生しています。

屋根施工

初めに、高圧洗浄で汚れや苔、藻を洗い流して落としていきます。高圧洗浄で落ちきれなかった汚れはケレンで削り落とします。 棟板金部には、シーリング補修・ビス打ち直し・錆止め塗布を行います。屋根本体にはまずタスペーサーの設置をしてから、下塗り・中塗り・上塗りで仕上げます。

外壁塗装の診断結果詳細

クラック(ひび割れ)が目立ち、凹凸部にクラック(ひび割れ)が発生しています。また、外壁の釘抜けが発生しています。

外壁塗装

付帯部塗装

破風板、水切り、幕板、雨樋の塗装を行います。

屋根塗装・外壁塗装の施工が完了いたしました

ヤネカベより一言

しっかりとした下地を作り、良い塗料で施工しましたので屋根も外壁も当分は安心だと思います。気になる部分あれば小さなことでもかまいません。お気軽にご連絡いただければと思います。

ヤネカベ横浜泉店

TEL 045-814-5444 株式会社プロタイムズ総合研究所 〒245-0006
神奈川県横浜市泉区西が岡2-9-1
店舗詳細はこちら

この事例と共通する工事内容の施工事例

ヤネカベのサービス紹介

春の塗装の注意点
夏の塗装の注意点
お支払いと工事の流れ
スレート瓦のメンテナンス方法
屋根の業者選びチェックポイント
ヤネカベのデザイン塗装
正社員職人現場革命部
ヤネカベの保障アフターフォロー
国が推奨するいえかるて
ヤネカベの高品質5つ★
お問い合わせ