江戸川区の遮熱塗料による屋根塗装

お問い合わせのきっかけ

I様のお宅は築20年ほど。外壁材はサイディング、屋根材はスレート瓦です。診断時よりスレート屋根の塗装の剥がれを気にされていました。全体的に経年劣化が進んでいたこともありメンテナンスを行うことになりました。

外装劣化診断の結果概要

屋根の診断を行ったところ、全体的に劣化が進んでおりました。防水性の低下により、吹き付けた水が染み込んでしまっていたり、苔・サビの発生、スレートのひび割れ、屋根材が塗膜でくっついてしまっている、棟板金のシーリングの劣化等の症状が見られました。特に、屋根材が塗膜でくっついてしまっているのは建築時もしくは前回のメンテナンスの際の施工不備であると考えられるのですが、屋根材同士がくっついてしまっていることで雨水の逃げ場が無くなり、雨漏りの原因になる可能性がありますので注意が必要です。

ご提案内容

スーパーシャネツサーモFを使用した屋根塗装をご提案いたしました。本塗料は、遮熱性・耐候性・退色防止に優れたフッ素タイプの塗料です。チタン複合特殊無機顔料を使用しているので、紫外線による変退色が起こりにくい特徴があります。

工事内容

屋根塗装

工事詳細

地域
東京都江戸川区
築年数
20年
階数
2階建て
使用材料
屋根塗装
  • アステックペイント
  • スーパーシャネツサーモF
  • カーボングレー 9111

屋根塗装詳細

施工前
施工後

屋根塗装詳細

  • 施工前
  • 施工後

屋根塗装の診断結果詳細

前述した通り、全体的な劣化が発生しております。

屋根塗装を行いました。

既存の屋根材に付着した汚れを高圧洗浄で落としていきます。次に、屋根のクラックに対して補修をおこなっていきます。付帯部(棟板金)に対しては、ビスの打ち替え・シーリング補修・ケレン作業・錆止め塗布を行います。 屋根本体には、まず縁切りと呼ばれる作業を行います。縁切りとは、屋根材同士が塗膜によりくっついてしまっている箇所を切り離す作業です。縁切り後に、タスペーサーを設置します。(スレート瓦の重ね目に差し込むことで縁切りがおこなえる道具です)設置後に塗装を行い、完了です。

屋根塗装の施工が完了いたしました

ヤネカベより一言

この度は工事のご依頼を頂き誠にありがとうございます!今回は遮熱塗料で屋根塗装を行いました。屋根の表面の剥がれを気にされていましたので、綺麗に仕上がって嬉しいです。今後とも長いお付き合いの程宜しくお願い致します。

ヤネカベ足立店

TEL 03-6807-1362 株式会社プロタイムズ総合研究所 〒123-0873
東京都足立区扇2-25-1 扇橋会館2F
店舗詳細はこちら

この事例と共通する工事内容の施工事例

この事例と共通する地域の施工事例

お問い合わせ

ページトップに戻る