横浜市鶴見区の屋根塗装・外壁デザイン塗装

お問い合わせのきっかけ

F様のお宅は築20年弱になります。メンテナンスを行うにあたり、もともと気に入っていた家の外壁のブリックを残せないかというところから話しが始まりました。ブリック調を残すだけでなく、全体の家のデザインをあわせて違う色味のブリック調でデザイン塗装を行うことになりました。
色見本をいくつか作り、F様のイメージに合うブリック調を確認し施工を行わさせていただきました。施工は、弊社でデザイン塗装を最も得意としている自社職人が担当いたしました。屋根も遮熱塗料で施工しました。

ご提案内容

デザイン塗装を行うことでお話しを進めましたが外装の診断はもちろんおこない、その結果をもとにご提案をさせていただきました。屋根はスレート瓦、防水性は切れており、一部割れなどもありましたがそれ以外は大きな問題はありませんでした。外壁はサイディング、こちらも防水性が切れてきており、苔などの汚れの発生、シーリングの劣化が見受けられました。築年数は20年弱とのことでしたが、経年劣化はあるものの状態としては塗装でのメンテナンスを行うことは可能でしたので、塗装でのメンテナンスをご提案させていただきました。

工事の概要

通常の塗装工事と同じ工程になりますが、デザイン塗装を行うブリック調のサイディング部に関しては、人が手作業で行うので、まずはイメージのすり合わせを行うために、F様にヒアリングをさせていただき、その内容に沿ったサンプルを数種お作りしました。そのサンプルを実際に壁にあて全体とのバランスを確認し、色を決定しました。施工に入ってからは、ブリック部分は中塗りにおいて一つ一つのブリックを塗り分け、陰影や色の違いを塗り重ねブリック調に仕上げていきました。最後にクリア塗装を上塗りで行うことで耐久性の確保を行っております。

工事内容

屋根塗装・外壁塗装

工事詳細

地域
神奈川県横浜市
使用材料
屋根塗装
  • アステックペイント
  • スーパーシャネツサーモF
  • トゥルーブラック 9119

屋根塗装

屋根に高圧洗浄を行い汚れを落としてから、棟板金の釘をスクリュービスに打ち替えて継ぎ目にシーリングを打設します。 屋根のクラック部分を補修後、塗料でスレート屋根同士が接着しないようにタスペーサー工法で施工します。 あとは、ケレン、錆止めなどを行い、3回塗りで仕上げます。

外壁塗装・デザイン塗装

F様の外壁は2種類あり、白い外壁の方は洗浄をしてから下塗りと中塗り2回と上塗り仕上げ。 柄のある方も、下塗りまでは同じですが、中塗りの際にデザイン塗装を施し、最後にクリア塗装で仕上げました。

付帯部塗装

雨樋、破風板、軒天、水切り、幕板の塗装です。2回塗りで仕上げています。

屋根塗装・外壁塗装の施工が完了いたしました

デザイン塗装を施したことで、一気に華やかになり、明るく綺麗に仕上がりました。こだわっていただいたブリック調のサイディングの塗装にもご満足いただける仕上がりになりました。

ヤネカベより一言

この度は弊社に施工を任せて頂き誠にありがとうございました。デザイン塗装の仕上がりにもご満足頂き嬉しく思っております。今後とも長いお付き合いさせて頂ければと思いますので宜しくお願い致します。

ヤネカベ横浜泉店

TEL 045-814-5444 株式会社プロタイムズ総合研究所 〒245-0006
神奈川県横浜市泉区西が岡2-9-1
店舗詳細はこちら

この事例と共通する工事内容の施工事例

この事例と共通する地域の施工事例

お問い合わせ

ページトップに戻る