神奈川県大和市の屋根重ね葺きと外壁クリア塗装の施工事例

お問い合わせのきっかけ

S様はメンテナンスをお考えの時にヤネカベに出会いました。勉強会にご参加いただき、メンテナンスをお考えとのことでしたので診断をさせていただき、ご要望を伺い屋根は劣化がひどかったため重ね葺きでメンテナンス。外壁は気に入っている現在の状態を保てるよにクリア塗装を行いました。

外装劣化診断の結果概要

外壁は、シーリングの断裂と外壁角の割れが見受けられました。
屋根は全体的に劣化が進んでおり、防水性の低下や、苔サビの発生、屋根材の割れ・滑落、浮き、棟板金の釘抜けが見受けられました。
滑落については、かなり大胆に崩れてしまっている状態でした。

ご提案内容

屋根は、今回診断時より劣化が多く見られましたので、ファイバーグラスシングル リッジウェイのデュアルブラックを使用した重ね葺き工事をご提案いたしました。
本製品は柔らかく割れにくい素材です。また、重量が瓦の約1/4、化粧スレートの約1/2と軽量のため、建物への負担が少なく耐震性に優れた屋根材です。防水性・耐風性・耐衝撃性能に優れた製品です。
外壁は今回クリヤー塗装は、キクスイ SPパワーフッ素クリヤーを使用した塗装をご提案いたしました。本製品は透明なフッ素塗料で、4フッ化フッ素樹脂の優れた性能により超低汚染性を実現できます。また、防藻・防カビ剤を含んでおりますので、藻やカビの発生を防ぎます。
外観に関しても、表面保護・光沢の復活ができます。

工事内容

屋根重ね葺き・外壁塗装

工事詳細

地域
神奈川県大和市
使用材料
屋根重ね葺き
  • 旭ファイバーグラス
  • リッジウェイ
  •  
外壁塗装
  • 菊水化学工業
  • 菊水 キクスイSPパワーフッ素クリヤー
  •  

屋根重ね葺きの診断結果詳細

全体的に劣化が進んでおり、防水性の低下による劣化から、屋根材の割れ・滑落・浮き、苔やサビの発生、棟板金の釘抜けが見受けられました。

屋根重ね葺き施工

まず高圧洗浄を行います。 今回は棟板金を交換しました。最初に棟板金を外して貫板も撤去します。撤去しましたら防水シートを前面に貼り付け、ケラバ板金を設置します。雪止めを設置しながらリッジウェイを重ね葺きしていきます。 棟板金の貫板には、タフモックと呼ばれる樹脂製のものを使用します。タフモックは従来の木材の貫板よりも耐久性に優れたプラスチック木材で、軽量で耐久性が高い部材です。最後に上から棟板金を設置してビスで抑えたら重ね葺き完了です。

外壁塗装詳細

施工前
施工後

外壁塗装詳細

  • 施工前
  • 施工後

外壁塗装の診断結果詳細

シーリング目地と外壁角の割れが見受けられました。

シーリング施工

シーリング施工は、部位の清掃後にプライマー(シーリング材を外壁材に密着させる役割があります)を塗布し、新しいシーリング材を充填。ヘラ抑えをして密着させて仕上げました。

外壁塗装

高圧洗浄を行い、割れが起きていた部分を補修してから塗装で仕上げました。

付帯部塗装

雨樋、庇、水切り、軒天を塗装しました。

屋根重ね葺き・外壁塗装の施工が完了いたしました

ヤネカベより一言

この度は弊社に工事を任せて頂き、誠にありがとうござました。お施主様のご希望通り、外壁クリヤー塗装にてきれいに仕上がりました。屋根は重ね葺き工法にて施工しております。今後も長くご安心していただけるお住まいになりました。今後とも末永く、よろしくお願い致します。

ヤネカベ海老名店

TEL 046-204-4233 株式会社プロタイムズ総合研究所 〒243-0432
神奈川県海老名市中央3丁目3-14 静岡不動産海老名ビル4F
店舗詳細はこちら

この事例と共通する工事内容の施工事例

この事例と共通する地域の施工事例

お問い合わせ

ページトップに戻る