横浜市泉区のリッジウェイでの屋根カバー工法

お問い合わせのきっかけ

K様は通りすがりの業者に「板金が浮いている」と指摘され、それがきっかけで屋根のメンテナンスのご検討をはじめました。近所の方で施工をされた方がいらっしゃり相談したところ弊社で施工された方で弊社をご紹介いただきました。 業者からの指摘があったとのことでしたので、まず外装劣化診断士による診断を行いました。板金の浮きはございませんでしたが、スレートの屋根の劣化が進んでおりカバー工法でのメンテナンスをご提案させて頂きました。

工事内容

屋根重ね葺き

工事詳細

地域
神奈川県横浜市
使用材料
屋根重ね葺き
  • 旭ファイバーグラス
  • リッジウェイ
  •  

屋根重ね葺き詳細

施工前
施工後

屋根重ね葺き詳細

  • 施工前
  • 施工後

屋根重ね葺きの診断結果詳細

全体的な劣化(割れ、釘抜け、苔、シーリング割れ)などが見られました。

屋根カバーを行いました

棟板金と雪止めは古いものを撤去して新設。 屋根は洗浄した後、防水シートを貼り、新しい屋根材を設置しました。

屋根重ね葺きの施工が完了いたしました

全体的にガラッとイメージが変わり、落ち着いたイメージになりました。

ヤネカベより一言

K様が飼っているわんちゃんと私の名前が一緒だったこともあり大変ご縁を感じました。このご縁を大切にしていきます。家のことで何かあれば、小さなことでもお気軽にヤネカベまでご連絡ください。

ヤネカベ横浜泉店

TEL 045-814-5444 株式会社プロタイムズ総合研究所 〒245-0006
神奈川県横浜市泉区西が岡2-9-1
店舗詳細はこちら

この事例と共通する工事内容の施工事例

この事例と共通する地域の施工事例

お問い合わせ

ページトップに戻る