東京都昭島市の屋根ノンホールカバー工法と外壁塗装のメンテナンス

お問い合わせのきっかけ

T様のお宅を診断させていただくと屋根、外壁ともに劣化が進んでいました。屋根はスレート瓦が滑落している部分が散見しており、外壁はサイティングの直貼りということもあり防水性を失ったサイディング材が反りを起こしていました。屋根はスレート瓦が滑落している部分などもあり傷んでいたのでノンホールカバー工法で施工。外壁は塗装でのメンテナンスを行いました。

工事内容

屋根重ね葺き・外壁塗装

工事詳細

地域
東京都昭島市
使用材料
屋根重ね葺き
  • オークマ
  • シーガード
  • ブラック 
外壁塗装
  • ジオテクト
  • グラレボ
  • ローズグレー G1418

屋根重ね葺き詳細

施工前
施工後

屋根重ね葺き詳細

  • 施工前
  • 施工後

屋根重ね葺きの診断結果詳細

遠目に見ますと施工前の写真も問題ないように見えますが、よく見ていただくとところどころ大きくクラックが入っているのがわかります。 また、細かい部分としましては、滑落した瓦の下にあった瓦止めの釘の露出や、防水性の低下、棟板金の釘が寒暖差で浮き上がって抜けかけてしまっている等、さまざまな劣化が確認できました。

劣化を補修しながら、ノンホールカバー工法で施工していきます。

補修内容は、高圧洗浄から始まり、棟板金と雪止めのケレンを行います。 棟板金はジョイント部分へのシーリング補修、錆止め、上塗り等を行い、屋根はクラックの補修を行なったのちに専用のボンドで屋根材を設置していきます。

外壁塗装詳細

施工前
施工後

外壁塗装詳細

  • 施工前
  • 施工後

外壁塗装の診断結果詳細

外壁は直貼りということと経年劣化によって反りが発生していました

シーリング施工

外壁塗装

高圧洗浄で汚れを落としてからクラック補修を行い、下塗り・中塗り・上塗りで仕上げていきます。

付帯部塗装

雨樋、破風板、水切り、軒天を塗装します。 基本的にはどこも上塗りの2回塗りで仕上げていきます。

屋根重ね葺き・外壁塗装の施工が完了いたしました

屋根は、ノンホールカバー工法の利点でもありますが、棟に関しては傷んでいなければそのまま利用できます。瓦だけを包み込む形でカバーするので棟の施工がない分ゴミも出ませんので経済的です。
外壁は、淡いローズ色にしたことで今までの外観とは全く違う印象に仕上がりました。

ヤネカベより一言

この度は施工をお任せいただきありがとうございます。今回は屋根をノンホールカバー工法での重ね葺き、外壁は塗装でメンテナンスを行いました。現場のスタッフの姿勢をおほめていただき嬉しく思います。今後とも末永いお付き合いを宜しくお願い致します。

ヤネカベ府中店

TEL 042-319-2320 株式会社プロタイムズ総合研究所 〒183-0006
東京都府中市緑町3-10-1 TSKビル
店舗詳細はこちら

この事例と共通する工事内容の施工事例

お問い合わせ

ページトップに戻る