横浜市港北区の屋根と外壁塗装施工事例

お問い合わせのきっかけ

O様のお宅は築20年を超える建物。2度目のメンテナンスになります。1度目のメンテナンスで外装業者に良い印象を持てなかったためどこに頼むか悩んでいたそうです。お隣の方がヤネカベで施工しており、その方からのご紹介で弊社に工事を依頼していたく運びとなりました。
診断結果としては全体的に経年劣化での傷みがありました。それに加えて、屋根に関しては1度目の塗装においてタスペーサー工法が取られていないなど施工不良が見られました。そういった部分も全てリカバリーするようなメンテナンスをご提案させていただきました。

ご提案内容

今回の施工は、外壁塗料には耐候性・低汚染性・遮熱性に優れたシリコンREVO1000、屋根塗料には色あせや変色しにくく熱を遮断、耐候性に優れたスーパーシャネツサーモSiを使用しました。特に屋根塗料には従来の屋根用シリコン塗料・フッ素塗料を凌ぐ「高耐候性」を備えておりますので色彩が長持ちするメリットがあります。

工事内容

屋根塗装・外壁塗装

工事詳細

地域
神奈川県横浜市
使用材料
屋根塗装
  • アステックペイント
  • スーパーシャネツサーモF
  • エバーグリーン 9112
外壁塗装
  • アステックペイント
  • シリコンREVO
  • ラベンダーホワイト 9000

屋根塗装を行いました。

一度屋根についている汚れを高圧洗浄で落とした後、棟板金にシーリング補修や釘抜けの補修、屋根にタスペーサーの新設やケレン作業を行い、3回塗りで仕上げました。 タスペーサーの設置が、以前の塗装で行われていなかったですが、本作業は非常に重要な工程です。 タスペーサーを入れることによって屋根を塗装しても、屋根と屋根の間に隙間が作られますので、雨水の逃げ道ができ、屋根下地の腐食や雨漏りを防ぐことができます。

外壁塗装詳細

施工前
施工後

外壁塗装詳細

  • 施工前
  • 施工後

シーリング補修

シーリング補修の際は、一度既存のシーリングを撤去します。撤去後の部位を清掃し、プライマーを塗布します(新規で打設するシーリング材が外壁と密着しやすくなります) シーリング材を打設してから、ヘラで抑えて密着させて完了です。

外壁塗装

外壁は、高圧洗浄を行なってから塗装します。 下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りで仕上げていきます。 今回、下塗り材にはエポパワーシーラーを使用し、中塗り・上塗り材にはシリコンREVO1000を使用し、塗布します。

付帯部塗装

雨樋、破風板、軒天、水切りの塗装です。2回塗りで仕上げています。 水切りと破風板については、一度ケレンで汚れを落としてから塗装を行なっていきます。

屋根塗装・外壁塗装の施工が完了いたしました

ヤネカベより一言

この度は工事のご依頼を頂きありがとうございました!お隣の方が以前に弊社で工事されていたご縁もあり、今回弊社にご依頼を頂きました。
工事中に職人からお施主様へ作業に関する細やかな説明や工事後の仕上がりに大変満足していただけました!工事後もサポートさせて頂きます!まずはお気軽にご相談ください!

ヤネカベ横浜泉店

TEL 045-814-5444 株式会社プロタイムズ総合研究所 〒245-0006
神奈川県横浜市泉区西が岡2-9-1
店舗詳細はこちら

この事例と共通する工事内容の施工事例

この事例と共通する地域の施工事例

お問い合わせ

ページトップに戻る