神奈川県藤沢市の屋根重ね葺き工事

お問い合わせのきっかけ

K様邸は、築20年でスレート屋根とサイディング外壁のお家です。近隣で行なっていた施工がきっかけでご依頼をいただきました。
診断では、多箇所にわたり劣化が見られておりましたので、塗装ではなくシーガード材での重ね葺きをご提案いたしました。シーガードは耐久性・耐候性に優れた屋根材です。また、既存の屋根にビスなどで穴を空けませんので、施工中の雨漏りの心配がないのが特徴です。

工事内容

屋根重ね葺き

工事詳細

地域
神奈川県藤沢市
築年数
20年
階数
2階建て
使用材料
屋根重ね葺き
  • オークマ
  • シーガード
  • オリーブ 

屋根重ね葺き詳細

施工前
施工後

屋根重ね葺き詳細

  • 施工前
  • 施工後

屋根重ね葺きの診断結果詳細

屋根の診断です。1枚目は瓦材先端部に雨染みが発生している状態です。2枚目は瓦材に反り変形が発生している状態です。3枚目は棟板金の継ぎ目部分に隙間が開いている状態です。4枚目は瓦材の塗膜が剥離し、素地が露出している状態です。5枚目は瓦材に苔が発生している状態です。

屋根重ね葺き工事

K様邸の屋根の重ね葺き工事を解説いたします。まずは高圧洗浄を行います。これはどの工事でも必ず行う工程になります。 次に、棟板金は塗装をするので、シーリング補修やケレン、錆止めを行います。同様に雪止めもケレンと錆止めを行います。棟板金と雪止め共に錆止めの塗布が終わりましたら、上塗りを行います。 屋根の重ね葺きについては、専用のボンドを用いて貼り付けていきます。その際に、既存の屋根材の継ぎ目の部分に「ウォーターチャンネル」という専用部材を取り付けます。「ウォーターチャンネル」が継ぎ目を保護して水返しの役割を果たすため、つなぎ目から雨水が侵入した際に既存屋根材を守ります。 屋根の貼り付けが終わりましたら、差し棟を設置して完了です。(差し棟とは、隅棟(すみむね)の棟板金が個別に差し込むようにして施工されたものです。きちんと施工されていれば高い耐風性が得られます。)

屋根重ね葺きの施工が完了いたしました

ヤネカベより一言

この度ヤネカベに工事をお任せ頂きありがとうございます。屋根の診断結果を考慮して、塗装ではなく重ね葺きをご提案させていただきました。また、屋根材には耐久性の高いシーガードを使用いたしましたが、ご満足いただけて嬉しく思います。美観性にも優れておりますのでご安心して過ごしていただけると思います。また何かあればご連絡ください!

ヤネカベ海老名店

TEL 046-204-4233 株式会社プロタイムズ総合研究所 〒243-0432
神奈川県海老名市中央3丁目3-14 静岡不動産海老名ビル4F
店舗詳細はこちら

この事例と共通する工事内容の施工事例

この事例と共通する地域の施工事例

お問い合わせ

ページトップに戻る