横浜市金沢区の屋根塗装・外壁塗装

お問い合わせのきっかけ

T様のお宅は築30年数年でしたが、これまでメンテナンスは一度もされたことないということでした。メンテナンスをしなくてはならないと思っているところでヤネカベと出会いました。

外装劣化診断の結果概要

診断させていただいたところ築30年でメンテナンスしてないということもあり、経年劣化がかなり進んでいました。屋根のスレート瓦は防水性が切れ、苔が繁茂していました。瓦自体の反りや割れもあり、場所によっては滑落寸前のものもありました。モルタルの外壁はチョーキングを起こしており防水性がなくなっていました。クラックが発生している箇所もありました。また、付帯部である幕板の割れなどもありました。

ご提案内容

屋根は下地作りをしっかり行った上での塗装。外壁も塗装での工事をご提案させていただきました。細かい部分の付帯部の金属部の塗装に関してはできる限り錆を落としての塗装を行うことでご依頼を頂きました。外壁の塗料はSIAA取得の超低汚染塗料であるグラレボをご提案いたしました。抗菌性・防カビ性、超低汚染性と超親水性、水性、透湿性に優れており、美観が長続きするメリットがあります。
屋根にはアステックペイントのスーパーシャネツサーモFをご提案いたしました。「遮熱性」に非常に優れており、近赤外線(温度上昇の原因)を反射し、室内の温度上昇を抑えることが可能な塗料です。耐候性が高く、色彩が長持ちするメリットがあります。

工事内容

屋根塗装・外壁塗装

工事詳細

地域
神奈川県横浜市
使用材料
屋根塗装
  • アステックペイント
  • スーパーシャネツサーモF
  • マホガニー 9115
外壁塗装
  • ジオテクト
  • グラレボ
  • ストロー G1409

屋根塗装詳細

施工前
施工後

屋根塗装詳細

  • 施工前
  • 施工後

屋根塗装の診断結果詳細

施工前の屋根はかなり経年劣化が進んでおり、スレート瓦の防水性はなくなり、苔などが繁茂しておりました。 また、屋根自体の割れ(2枚目)や棟板金の塗膜剥離(3枚目)、釘抜け(4枚目)などが多々見受けられる状態でした。

屋根塗装

高圧洗浄で屋根についた汚れを落とします。棟板金は釘抜け補修をしてからケレン・シーリング補修・錆止めを行います。 屋根本体には、割れた部分に補修を行ってからタスペーサーを入れて(屋根と屋根の間に隙間を確保して雨水の逃げ道を作り、雨漏りを防ぐために入れます)、3回塗りで仕上げます。

外壁塗装詳細

施工前
施工後

外壁塗装詳細

  • 施工前
  • 施工後

外壁塗装の診断結果詳細

幕板の割れ(1枚目)や、チョーキング(2枚目)などの劣化が見られました。

外壁塗装

高圧洗浄で既存壁についた汚れを落とした後に、クラック補修を行います。今回、下塗りを2回、中塗り、上塗りの計4回塗りで塗装を行いました。今回、外壁材にリシンが使用されておりましたので、2回塗り重ねることで、中塗り、上塗り材が効果を発揮しやすくなります。

付帯部塗装

雨樋、雨戸、破風板、幕板、軒天などを塗装します。特に、幕板は劣化が激しかったので、シーリングで補修をしてからの塗装となりました。

屋根塗装・外壁塗装の施工が完了いたしました

外壁は明るいお色を選んでいただいたこともあり見違える外観に仕上がりました。屋根は塗装でのメンテナンスでしたが、破損箇所などを補修し見違える仕上がりになりました。

ヤネカベより一言

T様には職人の対応をお褒め頂き大変嬉しく思いました。実際の評価は数年経過してから本当にわかるという厳しいお言葉も頂いております。そのご期待に応えられる施工だったと自負しております。今後も何かあれば弊社にご用命ください。

ヤネカベ横浜泉店

TEL 045-814-5444 株式会社プロタイムズ総合研究所 〒245-0006
神奈川県横浜市泉区西が岡2-9-1
店舗詳細はこちら

この事例と共通する工事内容の施工事例

この事例と共通する地域の施工事例

お問い合わせ

ページトップに戻る