横浜市栄区の外壁塗装

お問い合わせのきっかけ

E様のお宅は築10年。はじめてのメンテナンスをお考えでできれば秋シーズンにと考えているところでヤネカベに出会いました。

外装劣化診断の結果概要

屋根はアスファルトシングルで大きな問題はなし。棟板金の継ぎ目のシーリングの劣化と固定している釘の頭が見えている部分がありました。モルタルの外壁は経年劣化で防水性が切れて来ていました。チョーキングが発生し、苔や汚れがついてきており、防水性が切れていることでモルタル外壁のラス網が錆びてきていました。外壁の表面にそのラス網の錆が出てきていました。

ご提案内容

屋根に関してはアスファルトシングル材を使っていることもあり、その部分はメンテナンスをせず板金部分継ぎ目との釘の頭にシーリングをすることでメンテナンスを施すこことを提案しました。 外壁部分に関しては塗装でのメンテナンスをご提案しました。既存の壁がジョリパッドの玄関周りはシーラーを2回塗りしっかり下地を作り施工。それ以外は通常の塗装工事を行いました。外壁の塗料はSIAA取得の超低汚染・超親水性2液型イノーガニックハイブリッド塗料であるグラレボをご提案いたしました。抗菌性・防カビ性、超低汚染性と超親水性、水性、透湿性に優れており、美観と資産価値を守ります。

工事内容

外壁塗装

工事詳細

地域
神奈川県横浜市
使用材料
外壁塗装
  • ジオテクト
  • グラレボ
  • ストロー G1409
  • ジオテクト
  • グラレボ
  • バフ G1414

外壁塗装詳細

施工前
施工後

外壁塗装詳細

  • 施工前
  • 施工後

外壁塗装の診断結果詳細

施工前の外壁には遠目に見ても窓まわりの汚れが目立ってきていました。ひび割れ、板金の釘抜け、チョーキング、錆、苔の発生が確認できました。

外壁塗装

外壁塗装は、まず高圧洗浄を行なってから3回塗りで仕上げました。

付帯部塗装

雨樋、軒換気、軒天の塗装を行いました。錆止めを塗布してから上塗り2回で仕上げます。 部位によってはケレン作業を行なってから塗装を行います。

外壁塗装の施工が完了いたしました

施工後は明るい色で仕上がったことで見違える外観になりました。

ヤネカベより一言

E様からは工事後に近所の方から「においが気にならなかった」「職人さんは余計なおしゃべりはせず、丁寧な仕事をしていた」と言われたそうです。意外と近隣の方がよく観察されてるんだなと感じたそうです。素敵な外装に生まれ変わったことで注目を集めたのかもしれませんね。今後も何かあればお気軽にご連絡ください。

ヤネカベ横浜泉店

TEL 045-814-5444 株式会社プロタイムズ総合研究所 〒245-0006
神奈川県横浜市泉区西が岡2-9-1
店舗詳細はこちら

この事例と共通する工事内容の施工事例

この事例と共通する地域の施工事例

お問い合わせ

ページトップに戻る